2019年5月18日

大月町でマグロ養殖の事業を展開している水産業者が、宿毛湾の水産物の輸出に対応した国際衛生管理に準拠した水産加工場が落成竣工式を、尾崎知事・桑名県議会議長の御臨席のもと執り行われました。

マグロのみならす゛ブリ・真鯛の加工も予定されており、水産物の輸出拡大が期待されております。

又、マグロ養殖の餌についても、これまで県外から搬入が主でしたが、巻き網漁で地元での餌を確保し冷凍保管できる施設も併設されております。

宿毛湾の水産業の活性化が大変期待されております。

高知海洋高校ツナガールによるマグロ解体ショー

2019年5月17日

新たな議員構成での、令和元年の県議会の組織となりました。

執行部と議員の集合写真

常任委員会は、総務部・教育委員会・警察本部・会計管理局・監査委員事務局・人事委員会事務局を所管する総務委員会に所属となりました。

なんと委員長に選出していただき、職責の重さを痛感しております。

浜田豪太副委員長と力を合わせて、円滑な委員会運営に努めてまいります。

県議会自民党2期生は、全員当選し議事堂玄関での集合写真です。

2019年5月11日

県内の自治体の地方議員の有志が所属している議連の総会に出席しました。

総会後、「宿毛への基地誘致に関する」講演会を、元海自護衛艦隊司令官 金田秀昭氏、元海自八戸航空基地隊司令 萩原洋聡氏により、南西海方面の統合後方支援〔防災、物流〕根拠地としての、宿毛の可能性について講演がありました。